「3期生卒業公演」情報解禁!!6/22~6/24(ダンス:平原慎太郎 演劇:三浦直之)

2018年度 表現コミュニケーションコース
3期生 卒業公演

 

【日程】2018年6月22日(金)~24日(日) 全3ステージ!


【タイムスケジュール】
6月22日(金) 18:00
6月23日(土) 15:00
6月24日(日) 13:00


【会場】茨木市クリエイトセンター
【チケット】入場無料(要予約)
※チケット受付開始は、5月を予定しています。後日詳細情報公開!

 

今年の卒業公演は、舞踊(ダンス)と演劇の2チームに分かれた2本立て公演

 

それぞれの作品に第一線でご活躍するアーティストの皆様をお呼び致しました。

 

【招聘アーティスト紹介】

舞踊(ダンス)
平原慎太郎(ひらはら・しんたろう)

◆プロフィール
 1981年北海道生まれ。ダンサー、振付、演劇のステージングなどを行う他、ダンスカンパニー「OrganWorks」を主宰し創作活動を行う。
 大植真太郎、Carmen Werner、森山未來、コンドルズ、劇団イキウメ、小林賢太郎白井晃などの作品に携わる。またダンスカンパニ  OrganWorksを主宰し国内外で活動。塩田千春、播磨みどり等の現代美術家とも精力的に交流している。

2011年韓国国際モダンダンスコンペティション最優秀振付家賞。2015年小樽市文化奨励賞、2016年トヨタコレオグラフィアワードにて次代を担う振付家賞、オーディエンス賞をW受賞

 

 

演劇
三浦直之(みうら・なおゆき)
◆プロフィール
ロロ主宰/劇作家/演出家/1987年10月29日生まれ/宮城県出身
 2009年、日本大学藝術学部演劇学科劇作コース在学中に、処女作 『家族のこと その他たくさんのこと』が王子小劇場「筆に覚えあり戯曲募集」に史上初入選。

 同年、主宰としてロロを立ち上げ、全作品の脚本・演出を担当する。自身の摂取してきた様々なカルチャーへの純粋な思いをパッチワークのように紡ぎ合わせ、様々な「出会い」 の瞬間を物語化している。2015年より、高校生に捧げる「いつ高シリーズ」を始動。高校演劇のルールにのっとった60分の連作群像劇を上演し、戯曲の無料公開、高校生以下観劇・戯曲使用 無料など、高校演劇の活性化を目指す。そのほか脚本提供、歌詞提供、ワークショップ講師など、演劇の枠にとらわれず幅広く活動中。
2016年『ハンサムな大悟』が第60回岸田國士戯曲賞最終候補作品ノミネート。

 

以上のお2人と、パワー溢れる3期生がどのような作品を生み出すのか、お楽しみに!!

 

表コミ、顔合わせを行いました!

こんにちは!表現コミュニケーションコースです!

 

今日は表現コミュニケーションコース、

1年生&2,3年生の顔合わせがありました!!

 

2年生や3年生は後輩達に会えることを本当に楽しみにしていました。

直前はそわそわ・・・

 

全体挨拶のあとは、先輩による新入生の「他己紹介」を行いました!

まずは5分間のインタビュー!

f:id:otemon-hcc2014:20180413180544j:plain

新入生を覚えてもらうために先輩たちは積極的に話を聞いていました。

f:id:otemon-hcc2014:20180413180625j:plain

f:id:otemon-hcc2014:20180413180649j:plain

男子も女子もわいわい!

 

そして1分間の紹介タイム!

f:id:otemon-hcc2014:20180413180721j:plain

時間いっぱい使う人、不思議な質問をしている人、同じ出身校で盛り上がる人、

個性があふれる他己紹介の時間になりました。

f:id:otemon-hcc2014:20180413180854j:plain

 

最後はおもいっきりの笑顔で!

f:id:otemon-hcc2014:20180413180941j:plain

 

イベントが多く大変な事もありますが、

お互いに協力して2018年度の表コミを盛り上げていきましょう!!

 

*おまけ*

2年生の演技授業の終わりに3年生が合流!

f:id:otemon-hcc2014:20180413181625j:plain

特別に、ワークを一緒に行いました☆

 

入学式&始業式・対面式!

こんにちは、表現コミュニケーションコースです!

 

先日の土曜日(4/7)に入学式、

そして本日4/9に始業式&対面式が行われ、

いよいよ新年度がスタートいたしました!!

f:id:otemon-hcc2014:20180409181227j:plain

今年の新入生は、表コミ第5期生

 

表現コミュニケーションコースは、他学年の公演にスタッフとして参加したり、イベントで同じ舞台上にたったりと、学年を超えて交流する機会が多いです。

f:id:otemon-hcc2014:20180409180135j:plain

 

後輩は先輩の姿をお手本にできるように、

先輩は後輩のお手本になれるように、そして後輩の姿から学びとるような気持ちで、

お互いに切磋琢磨していきましょう!

 

ご入学&進級、誠におめでとうございます!

 

***

表コミHP 

***

表現教育ミーティング2018、開催しました!

3月10日(土)、本校表現演習室において「表現教育ミーティング2018」を開催いたしました。

f:id:otemon-hcc2014:20180312162233j:plain

 

本校教員より表現コミュニケーションコースでの実践・研究発表をおこない(「表現教育における“身体”について」、「違いを認める学級経営」)

やたべT2

いまづT2

 

そして早稲田大学文化構想学部(文芸・ジャーナリズム論系)

教授・水谷八也先生から

「言葉から はみ出た身体 ひろいあげ 見つめる時に 世界は変わる かも ~演劇教育の可能性をめぐって」

と題したご講演をいただきました。

 f:id:otemon-hcc2014:20180312162149j:plain

f:id:otemon-hcc2014:20180312162210j:plain

その後には、ラウンド・テーブル形式で水谷先生を囲んで参加者とともに交流の時間を持ちました。

 

外部公開も兼ねてお知らせさせていただき、

様々なバックボーンの皆様にお集まりいただきました。

また学校内からも教科が異なる教員が集まり、

現在の社会や教育現場の課題を解決する、ひとつのアプローチとしての表現教育の可能性について活発な意見交換ができ、大変有意義な機会となりました。

 

水谷先生、ご講演ありがとうございました。

そして、参加者の皆様も本当にありがとうございました!

 

またこのような機会を設けたいと考えておりますので、

その際は皆様奮ってご参加くださいませ!

 

追手門学院高校  表現教育ミーティング 開催のご案内

追手門学院高校
表現教育ミーティング2018 を開催します!

f:id:otemon-hcc2014:20180220182512j:plain

2017年度もいよいよ大詰め、今年度最後の表コミプレゼン、表現教育MTです!

創設4年目が終わろうとしている今、
これまでの教育実践・蓄積をふり返り、次につなげていこうと考えております。

本校表現担当教諭の発表だけでなく、
本コース創設時からこの教育を研究していただいている

早稲田大学文化構想学部教授、水谷八也先生にもご講演いただきます。

混迷の現在、未来を創る新しい教育の可能性を探る5時間。

表現教育やコミュニケーション教育に興味のある方、

新しい教育を模索されている方、

すでに実践されている方、これから実践したいと考えられている方、

是非ご参加下さい!

  実施日  3月10日(土)13:00~18:00

  会 場  追手門学院高等学校 表現演習室
       〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
  内 容
       12:30   受付

       13:00   開会

       13:10   表現コミュニケーションコース概説

       13:30   研究発表1 表現教育実践報告

       14:00   研究発表2 受講者の成長について

            ーー休憩ーー
       14:50   講演 水谷八谷先生早稲田大学文化構想学部教授)

            「言葉からはみ出た身体ひろいあげ 

             見つめる時に世界は変わるかもーー                                                                                                                                                   

             演劇教育の可能性をめぐって」

            ーー休憩ーー

       16:10   ラウンドテーブル

       17:40   閉会     

 

申込〆切:3月3日(土)

 

申込方法:

件名を「表現教育MT申込み」とし、

本文に「①お名前(ふりがな)②生年月日③所属④バス利用の有無とご乗車駅(JR茨木・阪急茨木市駅)」を明記の上、

m_yatabe@otemon-jh.ed.jp までメールでお申し込み下さい。

なお、参加理由を簡単にお書きいただけますと幸いです。

お申し込み後こちらからご返信申し上げます。

 

  皆さまのご来校をお待ち申し上げております!

 

 

特別講座「コミュニティダンス実習 事前講座(講師:山田珠実さん)」

2/20に表現コミュニケーションコース3期生(高校2年生)対象で
振付家、ダンサーの山田珠実さんを講師にお迎えし、特別講座を開催いたしました。

 

山田珠実さんとは・・・

 

早稲田大学で心理学を学んだ後渡欧し、各地でダンサーとして研鑽を積む。帰国後は主に振付家として活動。長久手文化の家、鳥の劇場明治安田生命エイブルアート・オン・ステージ等の委託、助成より振付作品を発表するほか、小学校、高齢者施設、知的障害者のグループなどにおいてもWSを行う。2011 年からはヨガの経験から、京都で中高年者を対象にヨガ教室を開講。愛知淑徳大学名古屋大学名古屋学芸大学非常勤講師。

 

 

 

3期生は来月に、介護付き有料老人ホームにて「コミュニティダンス実習」を行います。

 

 

コミュニティダンスとは・・・

ダンスの経験の有無、年齢・性別・障がいに関わらず、誰もがダンスを創り、踊ることができるという考えのもと、アーティストが関わり、教育健康福祉地域活性化などにダンスの力を活用しようとする取り組みのことを示します。

<ダンス王国Shizuoka> コミュニティダンス・フェスティバル2016

「2014ダンス&アートセレブレーション」の様子

静岡市文化復興財団キニナルスキニナルプロジェクトHPより引用

 

おじいちゃんからお兄さん、お母さんから子ども、いろんな人が参加していますね。

場所も劇場ではなく、廃校になった学校や商店街、様々な場所で行います。

 


このコミュニティダンスを

今回はアーティスト山田珠実さんのもと、高齢者である利用者さんと一緒に行います。

 

そのための事前講座として、今回は追手門に珠実さんをお迎えしました。

f:id:otemon-hcc2014:20180221160855j:plain

 


実際に老人ホームで踊るワークに一緒に取り組んだり・・・

f:id:otemon-hcc2014:20180221185818j:plain


他者と触れるため、まずは自分の身体の構造を知ったり・・・

f:id:otemon-hcc2014:20180221185909j:plain

骨の位置や身体の構造、改めて驚くことばかり!

f:id:otemon-hcc2014:20180221190000j:plain

自分の身体をさすさす・・・不思議だなぁ


2時間では収まりきらない濃密な講座となりました!

 

珠実さん、ありがとうございました!!

 

3月の実習もよろしくお願いいたします!

 

 

授業公開DAY、実施しました!

 

本校の表現教育および先進的な授業の取り組みを外部の方に公開する、という趣向のもと2/16(金)と2/17(土)の2日間にかけて「授業公開DAY」を開催いたしました。

 

2年生クエスト・エデュケーションでのプレゼン発表の授業や
オールイングリッシュで展開されるコミュニケーション英語(1年生)を見学いただきました。


そして表現コミュニケーションの授業では

2年生と1年生の「演技」の授業をご見学いただきました。

f:id:otemon-hcc2014:20180217123136j:plain

f:id:otemon-hcc2014:20180217123128j:plain

なにやら不思議な光景!でもこれ、授業中です。

これは「肘から先で会話をする」(2年生)というワーク中です。

 

関西のみならず関東方面から、教育関係をはじめ演劇関係者や学生さん、その他様々なバックボーンをお持ちの参加者の皆様にご来校いただきました。

ありがとうございました!


来年度におきましても追手門の教育活動を発信していきたいと考えております。
その際は、皆様是非とも奮ってご参加くださいませ!